FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新刊でた!ってもうすぐ完結?!(ネタバレ注意)

ネタバレ注意!
かなりネタバレ含みます。
見てしまった後の責任は一切取りません(汗)





待ちに待ったゴーストハント新刊!!
何度発売日が変更されたのか、わからないけれど待ってました(笑)
時にはもう一生出ないかも(?)なんて考えたことも。


話はもうすでに、文庫の最終巻あたりを彷徨い始めてます。
なので、もうそろそろゴーストハントも完結・・・?!
きっと原作に忠実だから、新しくストーリーを作って進める、
なんてことないんでしょうねぇ~。

つ、ついにジジジジジ、ジーンの話に入りましたよ!!
ジーンの存在を知った麻衣がちょっとだけ可愛そうに思えました(´ヘ`;)ハァ
まぁ、まだこの巻では麻衣の「夢」に出てきていたのが、
ナルではなくてジーンだ、という話までは行ってないんですが。

ジーンがいる場所がわかったので、
遺体を発見したら事務所は撤去。
なんだかそれが目的だったとはいえ、少し淋しいですねー。


次で最終巻になってしまうのか?悲しいですが待ちますw
11巻もまた発売が遅くなりそうですがねぇ。





ツバサも買ってきました。
どうやらツバサもクライマックスに突入の模様。

小狼(写し身)がついに小狼と対決で、ブスっとグサッと。
そんでもって今まで一緒に旅してきたサクラも実は写し身で?!
誰が誰だかよーわからん、そんな感想が飛び交ってますが、
結構面白かったと思っています。

四月一日の謎がツバサで明かされたことによって、
×××HOLICファンからは批判があったりなかったりした様。


色々と説明がありましたが、ちょっと頭がこんがらがって。
簡単に言えば、四月一日もサクラと同じで、
記憶を対価にして飛王へと辿り着く道を小狼に与えたんだとか?

それで一番悲しいのは、サクラ(写し身)が死に、
そして飛王がまた新たにサクラから写し身を作ったために、
本体が消滅してしまったこと・・・ですかね。


あと数巻で完結でしょうが、楽しみに待ちましょうかな。




ふしぎ遊戯も買いました(笑)
え、一日に何冊買ってるのか、ですか?
最近全く本を買っていなかったから、
買いたいものがたまたまたくさんあっただけなんですよw


えーと、ふし遊は逝っちゃいましたね、あの人。
ひょっとしたら生きてるんじゃ・・・?
なんて少し期待してましたが、やっぱりそれは無かったと。

ソルエンを失ってもうリムドは心ここに有らず、状態。
まぁ多喜子のお陰で現に戻ってくるんですがね。

ハーガスが実はちょっぴり心が動かされつつあるみたい。
さっさと仲間になれば良いのに(笑)
片割れが戻るまで戦い続けるー・・・。


そして、ふし遊の醍醐味「召喚」の犠牲についての話が出ました!!
きっと朱雀&青龍の方を読んだことがない方は、
太一君とリムドの会話でなにがあったか不思議でしょうが、
読んでいる方はきっとお分かりでしょうね。


リムドは玄武を召喚するために多喜子が生贄になることを知り、
そしてそれを知った他の七星士は、
リムドと共に多喜子が現代に帰る様に仕向けて。
多喜子のためとは言え、必要ないなんていわれるのは悲しいですよねー。
そんでもって、多喜子さん現代に帰ってしまいました。

これから先話が進めば、朱雀編で出てきたように、
多喜子は玄武を召喚し、玄武に喰われ掛けている状態でおとっつぁんに
殺されちゃうんでしょうが、そうなって欲しくないですね。


これまた続きが早く見たいですねぇ。
当分出るか判らないけれど。

スポンサーサイト



  1. 2008/04/11(金) 18:54:41|
  2. リアル日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://evacross.blog52.fc2.com/tb.php/260-ec224bed
10月 « 2018年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Material

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Category

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。